現地調査の有無を確認

刷毛を持つ人

選定する際のポイント

宮城県は東北地方にある県の中でも、比較的冬の降雪量は少ないと言われています。ただ、宮城県の県庁所在地となっている仙台市でも、冬場の累積降雪量は約50センチにも達します。これが宮城県の山沿いだと、より多くの雪に見舞われる事になるでしょう。雪が多く降る地域に住んでいる方は、屋根や外壁の塗装といったメンテナンスを、考える必要があります。屋根・外壁の塗膜は雪によって、剥がれやすくなるのです。塗膜が剥がれた状態にしておくと、錆びたり壁にひびが入るなどして、家の寿命は短くなります。宮城県内には屋根・外壁塗装を行う業者があるので、定期的にメンテナンスを行いましょう。ただ、塗装を行っている業者であれば、どこに依頼しても同じという事はありません。業者の中には残念ながら悪徳業者も存在しているので、選定する目を作る必要があるのです。より、安心して施工の依頼ができる業者かどうかを、見極めるポイントとしては現地調査の有無をチェックしましょう。業者の中には営業マンだけが訪問して、契約するよう迫るケースもあります。また、場合によっては電話だけのやり取りで、契約しようとする業者もあるようです。屋根・外壁塗装は屋根や外壁の状態を、事細かくチェックしないと十分な見積書を提出できません。現地調査を行っていない業者の場合、施工後に追加費用がかかってしまうケースもあります。提示した見積書よりも高い金額を請求されると、金銭トラブルになりかねません。ですので、このような事が起こらないよう現地調査に力を入れている業者を、選ぶ事が大切です。